ニキビ跡の改善はできるのか

ニキビといいえば、十台の青春のシンボルのように言われる事もあります。

 

しかし、実際の肌の上では、そんな生易しいことを言ってはいられない大変なことだと、知っていますか?

 

もちろん原因はハッキリしていて、皮脂の過剰分泌と毛穴のつまりです。

 

一見大したことのないように聞こえますが、蓄積された毛穴の老廃物にさまざまな菌が付着し、活性化酸素を発生させた結果

 

ですので、肌にとってはかなりのダメージなのです。

 

しかも顔にできることが一番多いわけですから、一生その顔を他人に見せながら生活することになります。

 

そりが嫌だと早めに気づくのであれば、ですから、洗顔をまめにするなどの日頃のケアや正しい食習慣、規則正しい生活、早めのケアが大事になってくるわけです。

 

それでも症状が追いつかずに、ニキビができてしまうと、つい気になって指でつぶしてみたり、なんてことを繰り替えすうちに、痕跡が残ってしまって、さらにひどいことになってしまう・・・そんな悪循環に悩んでいる人は、早めに皮膚科行ったほうがいいでしょう。

 

しかし、皮膚科に行けば治るとも断言できないですが・・・

 

とりりあえずどんな方法があるのか書いておきましょう。

 

ニキビ跡ののいろいろな改善方法

 

1,薬投与

 

 ・ビタミンC内服薬
 保険適応の治療法です。コラーゲン生成促進、メラニン色素沈着の抑制、凹凸、赤みなどを改善する事ができます。ビタミンCは、活性化酸素を押さえる機能があることでも知られています。

 

 ・ビタミンCの外用薬
 外から患部に直接塗布する形式です。内服薬と同様の薬効はもちろんありますが、コンビニや化粧品販売店、ドラッグストアなどで手軽に入手できるものもあります

 

2,ケミカルピーリング

 

 抗生物質を患部に塗布することで、人工的に角質を分解する施術です。自然治癒力を大幅にアップさせるという意味では、。絶対的効果があり、薬物投与より も即効性は期待できますが、お肌への刺激が強すぎて、施術直後は、敏感肌や乾燥肌へ肌質を変えてしまう危険があります。必ず専門医がいる美容外科での専門 医の指導を受けましょう。

 

3,トレチノイン療法

 

保険対象外の治療法です。レチノイン酸というビタミンA誘導体の一種を患部に塗布することにより、ケミカルピーリング同様の効果を発揮します。大きな違いは、ヒアルロン酸の分泌を促進する作用があるので、施術後は、潤い肌を再生できます。

 

4,マイクロダーマブレーション・・保険適応外

 

 ・クリスタルピーリング
 アルミニウム粒子を患部に吹き付けて角質層を削り落とす療法です。
 ・ダイアモンドピーリング
 ダイアモンドをちりばめた金蔵バーで角質層を削り落とします。クリスタルピーリングよりも削り落とす威力は強くなります。
 いずれにせよ、自然治癒力を高めます。

 

5,レーザー治療

 

 保険対象外。微弱なレーザーを患部に照射することにより、皮膚細胞の活性化と新陳代謝を促します。ただし、熱線で焼き切るような効果があるので、傷が残りやすく、長期簡のガーゼ被服を余儀なくされます。

 

6,コラーゲン注入

 

保険対象外。患部のくぼみに直接コラーゲンを注射します。新陳代謝により、数ヶ月しかもちません。費用は1回の注射で2〜10万円ほどになります。

 

7,メスを使う手術

 

ニキビ跡が深く、重傷のケース向きです。跡を切除、縫合する津療法ですが、高度な技術を要します。さらに1カ所10万円相当です。

にきび肌から美肌へ

にきびと聞いてどんなイメージを思い浮かべますか?青春?気持ち悪い?汚い?

 

いづれにせよ、あまりいい感じは持たないという方が多いでしょうね。

 

で、また、これがやっかいなしろもので、それぞれの体質によっても違うでしょうが、神出鬼没でどこにでも現れます。

 

鼻の上、毛穴、はたまた背中にまで。

 

 

経験された方はお分かりですよね。

 

 

近頃は、少年少女だけではなく、大人のにきびという物もあるらしく、悩んでいる方はかなりいらっしゃるようです。

 

 

確かに見た目がかなり悪いです。

 

 

おおよそ、美肌とは冗談にも言えず、かなり程遠いところにあるような・・・。

 

 

本人はもっと気持ち悪いでしょう。かといって、軽はずみにもつぶしにかかると、しっかりと痕跡が残ってしまったり・・・・。

 

 

なんとかならないんでしょうか?

 

 

いったい、皆さんはどうやってこのにきびの悩みを解消しているんでしょうか?

 

そもそも、治療法なんてものがあるのでしょうか?

 

たとえば、エステとか美容整形の分野では、にきびの治療法とか施術とかもすでに研究されていて、人気が集まっています。

 

まあぁ、にきびに限らず、人々の美肌に寄せる思いは大変根強いものがありますよね。

 

特に「美白」と言う言葉が象徴しているように、白く透けるぷりぷりの肌は、全女性の憧れの的です。

 

しかし悲しいかな、加齢と共にその夢はどんどん遠ざかるばかり、鏡を見るたびに、さまざまなお肌のトラブルに見舞われた、自分の老け顔に思わずため息一つ・・・。

 

そういった女性達の美肌にかける願いやお肌の悩みになんとか答えようと、今はさまざまな対処法が生み出されています。

 

特に美容業界の技術革新は目覚しいものがあります。

 

目新しいところでは、ケミカルピーリングという手法なども静かなブームを呼んでいます。

ページの先頭へ戻る