美肌対策はまさに毛穴対策でもある

紫外線からの容赦ない攻撃は、より丁寧な毛穴ケアが必要になります。

 

美肌対策はまさに毛穴対策でもあるのです。

 

黒ずみ、にきび、毛穴の緩み、こういったトラブルの対処法ですが、まずは、正しい洗顔をしてください。

 

それから良質な睡眠と正しい食事を確保し、たまにリラクゼーションでリフレッシュしましょう。

 

これだけでも、メイクを忘れてしまうほどの美肌を取り戻すことができるのです。

 

すなわち、内面からのケアは、美肌の基本です。

 

たとえば、にきびですが、これは毛穴に詰まった皮脂が酸化したことから生じるお肌のトラブルです。

 

洗顔後もお肌が乾燥したままでは、また悪い菌を呼び込んで、さらに老化を助長させてしまいます。

 

特に中高年の方は、潤い成分であるコラーゲンや抗酸化力のあるビタミン類を意識的に補給してあげましょう。

 

サプリメントの力も借りながら、偏りのないバランスのとれた食事をすることで、新陳代謝を高めて、美肌をとり戻すことができます。

 

時々、自宅での美肌ケアをメンテナンスする意味でも、エステを利用してみるのも良いと思います。

若返り美肌対策

アンチエイジングを目指す人にとっては、美肌の獲得は悲願ですよね。

 

それぞれにさまざまな方法で対策をとられていることと思いますが、一例としてわたしの体験を紹介します。

 

かつて、美肌なんてまったく関心はありませんでした。

 

若いうちはまだ新陳代謝も活発でしたので、お肌の悩みはそんなに深刻ではありませんでしたし、学友達がコスメや基礎化粧品を躍起になって求めている様子を冷ややかな目でみていたものです。

 

しかし、30代、40代と加齢していくたびに、そうはいかなくなってきました。

 

平気で紫外線の下に肌をさらけ出していた結果、あるとき鏡を見たら、以前はなかったしみや黒ずみや目じりのしわが・・・・。

 

ああ、まずー、まずいよ、まずすぎる!ってなるわけです。

 

まあ、多くの女性が経験することと思いますけれど・・・。

 

お肌の老化は、長期にわたる不摂生で現れてくるものなのですね。

 

奮起して私がはじめた美肌対策は、ずっと続けてきた洗顔に加えて、口からのプロテインの摂取。

 

なるべく低カロリーな食品を選び腹八分目で押さえるなど、内面からのケアを目指しました。

 

洗顔は大好きでしたので、一日に2〜3回は石鹸で洗顔していました。

 

ファンデーションも若いときはほとんどつけたことがありません。

 

実は、毛穴を詰まらせるものの一つにファンデーションもあがっていたのですが。

 

今は、プラスアルファで中国ハーブを主原料にした美白美容水や保湿クリームを朝晩つけています。

 

目じわのためにアイクリームで特に目の周りの乾燥を防いでいます。

 

エステは高価なので利用しません。

 

たったこれだけなのですが、それでも周囲からは「きれいになった」「若々しい」といっていただけるので、一応は成功しているようです。

ページの先頭へ戻る